ブログ一覧

森林整備事業 風治さつきの会

8月29日(土)風治さつきの会の皆さんは午後から福岡県森林づくり活動公募事業で、彦山川の上流域である添田町の竹林整備を行いました。
「風が吹いてるとはいえ、かなりの暑さでしたが、事故や怪我無く無事に終わりました
森を育てることが、川をきれいにし、海が豊かになるのですが、まずは、彦山川をきれいな川にして、川渡り神幸祭が少しでもいい環境で行われるように少しずつですが、活動を進めていきたいと思います』との言葉。暑い中お疲れ様でした。 @ 添田町

2020年08月29日

おはようサイクリング

8月23日(日)8時 復活おはようサイクリングが、のおがたわくわく実行委員会の皆さんの呼びかけで直方市遠賀川河川敷からスタートします。
出発は暑いので8時15分。それぞれ自分の体力に合わせてコースが選べるようです。遠賀川河川敷(直方リバーサイドパーク)から初めての橋、日の出橋で皆さんを迎えました。途中カヌー教室の子どもたちと出会いびっくり。この日は遠賀川はとても賑やかでした。
復活おはようサイクリングは40年ぶりに復活、当時小さかった子どもさんも参加されています。感無量。
のおがたわくわく実行委員会の皆さんは、直方市内外の遠賀川流域でわくわくするようなイベントやあそびが大好きな仲間の皆さんといろいろな計画をたて、実行しているそうです。次はどんな楽しみでわくわくかな!

2020年08月23日

彦山川田川中流部会 河川敷清掃

8月22日(土)田川市伊田 番田河原で、田川の宝「彦山川中流部会」の会員団体の皆さんが集まって、清掃活動が行われました。7月の豪雨で流木等の草木に絡まってたくさんのゴミがあり、取り除くのに大変です。

暑い中お疲れ様でした。今年はコロナ禍の影響で「田川川渡り神幸祭」は開催できませんでしたが、来年はコロナも終息し穏やかな日々となって、神幸祭が行われることを願っています。

2020年08月22日

嘉麻市「幻の石橋」がテレビ放映

幻の石橋がテレビ放映】嘉麻市桑野地区で遠賀川に架かるリブアーチ型の石橋が貴重な土木遺産として放映されます。是非、ご覧ください。放映日:8月13日(木)午後7時47分~7時52分『未来の主役、地球の子どもたち』TVQと8月16日(日)午後8時55分~午後9時BSテレビ東京。先ほど、写真を撮ってきました。

2020年08月13日

楠橋少年消防クラブ

くすばし少年消防クラブが総務大臣、県知事表彰を受賞しました!】
令和2年3月に受賞した表彰の伝達が、八幡西消防署長より行われました。
総務大臣表彰と福岡県知事表彰です。
地域の小学生対象の防災訓練や、笹尾川水辺の楽校でのカヌー指導などの活動が認められ、受賞することができました。
今年はコロナ禍でこれまでと違った活動になりますが、コロナ禍だからこそ、避難所訓練など大事なこともあります。
5つの行動目標を守りながら、地域防災力向上のために頑張ります!

(浦濱さん)

【くすばし少年消防クラブ表彰伝達式を行いました!】
 こんにちは。八幡西消防署です。
 令和2年8月11日(火)、楠橋市民センターでくすばし少年消防クラブ表彰伝達式を行いました。
 新型コロナウイルス感染防止対策を取りながらの表彰伝達式となりました。
 くすばし少年消防クラブは、地元を中心に防火・防災訓練の実施や各種行事への参加など活発に活動を行っている少年消防クラブです。
 このような活動が評価され、今年3月、総務大臣表彰(特に優良な少年消防クラブ)、福岡県知事表彰を受賞しました。
 当日は、関係機関よりお預かりしていた表彰状を八幡西消防署長から表彰伝達しました。
 くすばし少年消防クラブのみなさん、おめでとうございました!
(八幡西消防署のホームページはこちら)

2020年08月11日

笹尾川楠橋の橋脚壁画開始されます。

笹尾川水辺の楽校運営協議会さんからのお便りです

コロナ禍の中、今年も香月中学校美術部の協力により、橋脚壁画を開始することになりました。本日(8月10日)、美術部顧問の西先生の指導の下、壁画の下書きを行いました。
今年の壁画のテーマは、姉妹団体ふるさと町づくりの会の「コスモス鑑賞会」です。
今年は、夏休みの活動が出来ないため、8/22,23,29,30の土曜日、日曜日の活動になります。
“秋待つや 壁画下絵の コスモスと” かずし

2020年08月10日

宮吉区ひまわり・コスモスの種まき

宮吉区農地・水環境保全の会では地域交流の一環として区の中心部の水田にひまわりとコスモスの種まきをしました。天候に恵まれれば10月中旬には満開になる見込みです。区民の皆さん、お疲れさまでした。

2020年08月10日

遠賀川カヌー駅伝大会

8月2日(日)「第17回 カヌー駅伝大会」が飯塚市天道の河川敷で行われました。(主催 飯塚川づきあい交流会)
河川敷では日差しはきつく感じられましたが、川に沿って吹く風がとても心地よく、3密を避けながらの駅伝大会を楽しんでいました。今回の出場選手は小学校2年生から89歳、そして犬一匹でした。
この大会のは、飯塚市の「だいぶカヌークラブ」の選手の皆さんも、日ごろの練習の成果を発揮していました。
大会の前に、遠賀川河川事務所の職員さんによって、地元を流れる穂波川の水と下流の水の水質調査(CODパック簡易検査・透視度計を使って)が行われ、選手の皆さんや応援者の皆さんが熱心に検査をしていました。
川の水量が多く、水は綺麗でした。
老いも若きも、ベテラン選手も初心者も、漕ぐ人、応援する人。楽しいひと時、皆さんお疲れ様でした。

2020年08月02日