前ページへ
穂波川を愛する会

   2010年  We Love穂波川  2010年10月31日
   
 

活動の目的

子どもの頃、夏休みを待ち焦がれて近くの川で泳いだものです。汚れた河川を蘇らせる為、家庭排水を見直すことは、母親としてもっとも大切な事。ペットボトル「○○の美味しい水」を飲料水と信じて疑わない現代っ子。何か変ではありませんか?・・・今自分に出来る事をコツコツおこなう。

活動の内容

@朝夕の散歩時に「一つでも!」ゴミを拾う。
Aアクリルタワシを使い、家庭排水をきれいにしよう。
Bゴミの分別を徹底し、資源ゴミを大切にする。
C遠賀川流域で行われる環境活動に積極的に参加する。
D小学校との環境学習交流を行なう。
E毎月、穂波川の2拠点での水質調査、
(COD)(NH(NO(PO(陰イオン海面活性剤を行い水に注視する。   
F地球環境に優れた「綿」の播種・栽培・配布を毎年行う。 

穂波川は私共の命を守る大切な川、故郷の川の水を安心して飲めるように、次世代を担う子ども達へと受け継ぐために、一つでもゴミを拾い続けることが「命の水」を守る第一歩と信じて。今日も!明日も!!明後日も!!!

             

 あしあと

平成14年4月、退職を目前に国土交通省河川愛護モニターに応募。これを機に「穂波川をこよなく愛する心」を伝えたいと、独り火箸を持ってゴミ拾いをはじめる。

以降、飯塚川づきあい交流会・NPO法人遠賀川流域住民の会・福岡県地球温暖化防止活動推進員等にと、愛する穂波川によいと思う取り組みには、五里霧中で突進しています。この間、会員が一人、又一人と増え、現在男性4人、女性11人となりました。

会員数  :15人

活動エリア:穂波川