2010年のページへ

遠賀町サケの稚魚放流事業

      日時 平成22年2月28日(日)10時〜11時
         場所 遠賀町立広渡小学校 西側の西川河川敷 
主催 遠賀町青少年育成町民会議

サケを卵から育てることにより、子どもたちに命の大切さ
川へ放流することにより環境について学んでもらうことを目的に毎年行なわれています。

開会式の様子です。 
 
   
放流前にお払いが行われました。昨年、西川に3匹のサケが帰ってきました。今秋も帰って来るように願って。 
 
 昨年12月初旬から3カ月間、サケの卵6000個を遠賀町や近隣の市町村、小学校や幼稚園を含む50カ所のボランティアに配布、飼育していただいています。

当日は大きく育ったサケ(全長5cmほど)の稚魚を持ってきていただきました。

ほとんど毎年飼育されている方が多く、「もう飼育することは慣れました」と話されていました。

昨年11月、12月に3匹のサケが帰ってきました。遠賀川に帰ってきた鮭は、遠賀川上流にある嘉麻市、大隈の鮭神社で12月13日に行なわれる献鮭祭で鮭塚に奉納されます。
 

 
たくさんの人々によって放流されました。
放流後は婦人部の皆さんに準備いただいた、おいしい豚汁。嬉しいね!また来年お会いしましょう。